判断の誤りが未来を左右|うつ病をはじめとした精神疾患に打ち勝とう

女の人

明るい生活習慣

悩む男性

病気を知り上手く付き合う

うつ病というと一見暗く重い病気にも感じられるかもしれませんが、実際のところ精神病の患者数は年々増加傾向にあるとも言われており、比較的身近な病気として認識されつつあります。昭和の中頃までは、うつ病や精神病というといかにも風変わりな人というイメージや偏見、差別的な扱いをされてしまう人も少なくなかったと言われます。平成の時代と比べて当時は比較的家族との連携が強く保たれており、仕事も現代ほど複雑なものではなかったことや、現代ほど複雑な人間関係ではない時代だったためか、精神病というといかにも変わった人という偏見的イメージが持たれていた時代だったとも考えられています。昭和の時代から変わって、現在では家族との関係性が比較的薄くなっていることに加えて、祖父母と共に生活をする大家族の減少、情報化や機械化などにより仕事の内容が複雑化していることなどによって、精神病の患者数が増えていると考えられています。こうした状況の中で、うつ病をはじめとする多くの精神病を患う可能性は高くなっているため「うつ病から身を守る」というよりは、むしろうつ病などの精神病と上手く付き合う方法について知っておく事が重要なのです。そもそもうつ病を患うとなかなか治療が難しいというイメージを持っている人も少なくないかもしれません。しかしうつ病についての正しい知識を踏まえて、効果的な治療を受けることができれば決して怖い病気ではないとも言えるでしょう。普段から病気について学ぶことはメンタルを強くすることにも繋がります。

精神病をよく知り防ぐ

うつ病の治療方法を効果的なものにするためにも、家族との信頼関係を大切にすることが重要であると言われています。家族とあまり関係性が良くないという人は、信頼できる親族や親友、付き合いが長く続くお互いによく知っている友人などとの信頼関係を大切にすることがポイントです。これは、多くの精神病は人間関係の不信感からも患う病気であるとも考えられているためです。例えば家庭環境が良くない子供は、ある程度成長すると不良になったり、仲間内でイジメをしたりする子供が育つ場合があります。こうした環境で育った子供たちは不安や悩みを家族に相談したり、自分の気持ちを分かってもらう事が出来なかったり、あるいは友達に対して劣等感を抱いたりしやすくなると考えられます。しかしここで自分の気持ちを分かってくれる祖父母などがいれば、子供は不良になったり、陰湿な行動を取ることはないかもしれません。けれども身近に誰も自分の気持ちを分かってくれる人がいないと人間はとても不安になり、他人を傷付けたり、周囲を不幸に巻き込んだりするようになります。こうした心理が多くの精神病の引き金になっているとも考えられており、医学書などには治療のための参考として詳しく考察されているものもあります。それだけ精神病の治療には家族や家庭環境は大切な要素であると考えられているのです。信頼できる人間関係を大切にすることで万が一精神病を患ってしまったり、気分が落ち込んでしまった場合にもスマートに回復し、復帰しやすくなります。加えて精神病の治療の効果を引き出しやすくなり、治療からの回復もしやすくなるとも言えるでしょう。