判断の誤りが未来を左右|うつ病をはじめとした精神疾患に打ち勝とう

女の人

患者自身の能動性が重要

医者と看護師

種類が豊富な抗うつ剤

うつ病と診断された際の治療は、認知行動療法などの精神療法や頭皮に電流を流す電気けいれん療法などの方法を併用することもありますが、中心となるのは抗うつ剤の服用による薬物療法です。しかし、うつ病には型や多様な症状があります。それらに合わせるように抗うつ剤にも豊富な種類があります。この豊富な種類の抗うつ剤の中から精神科や心療内科の医師が患者ごとに適切と考えられる抗うつ剤を処方するのですが、特に初診の際には適切な抗うつ剤が何かを医師が判断するための材料は医療面接による患者や、場合によってはその家族などからの申告しかありません。従って、特に初診の際に医師が処方する抗うつ剤にはどの程度の治療効果が生じるかを確認するためのテストという意味合いが強いのです。そして次の受診の際に、医師は改めて抗うつ剤の効果を患者から確認した上で、その患者により適した抗うつ剤の種類と服用頻度を再検討するのです。このようにうつ病の治療のための抗うつ剤の処方に際して、医師は前回処方した抗うつ剤の効果を患者に確認することによってより適した抗うつ剤が何なのか、そして1回あたりの服用量や服用頻度はどの程度が適しているのかを判断していくのです。だからこそ、うつ病の患者は通院の度に自らのうつ病の症状について、医師により詳しく具体的で正確に申告していくことが大切なのです。

高い再発率に注意が必要

また、うつ病は再発率の高い疾患でもあります。一度うつ病を発症してしまった患者は治療によって一旦うつ病の症状が治まったとしても、その時点で根治したと見なしてはいけないのです。実際、医師はうつ病の症状が治まったとしても当面は抗うつ剤の定期的な服用を継続するように促します。そして症状が治まってから一定期間を経ても症状の再発が見られなかったときに初めて定期的な服用をやめることができるのです。しかし、定期的な服用が不要になったとしても経過観察には留意が必要です。実際に医師からは少しでも調子が悪いと思えば抗うつ剤の服用や医師の診察をすぐに受けるように助言されるケースが大半です。というのも、うつ病は季節の変わり目やある特定に季節に症状が悪化したり、一旦治まっていた症状が再発しやすいという特徴があるからです。この内、症状が悪化したり、一旦治まっていた症状が再発しやすい特定の季節は人によって異なるのですが、最初にうつ病の症状を発症した季節がこの特定の季節に該当するケースが多いという傾向があります。ですので、うつ病を発症した患者は仮に一旦症状が治まり、定期的な抗うつ剤の服用も不要になったとしても、少なくとも最初にうつ病を発症した時から丸1年は注意して経過観察を行う必要があるのです。